木. 2月 22nd, 2024

民間保険の引越し手続き

民間保険の場合は、住所変更を行っていないと、万一の場合に保険が下りないケースがある為、手続きは迅速に行いましょう。

火災保険の住所変更

 

 

火災保険の場合は、引越し前に加入している保険会社に引越し先住所の連絡を入れて下さい。

 

保険会社は、引越し先の建物を航空画像やストリートビューを使い確認します。

 

その際に、建物の種類(木造や鉄筋など)を判別し、保険料を再計算しますので、一旦現在の保険は解約となります。

 

仮に、賃貸から賃貸の場合でも、建物の種類や構造(M構造やT構造)でも保険料が変わってきますし、管理会社が指定する保険会社のみの選択しか出来ないケースもあるので注意をして下さい。

 

もちろん、賃貸から一軒家へ、もしくはその逆への引越しの場合も、同じ保険は引き継げず、一旦解約して新たに加入する必要があります。

 

同様に、一軒家から一軒家でも、広さや建物の価値で保険料は変わりますので、住所変更手続きと併せて保険料の確認はしっかりと行うようにしましょう。

 

火災保険の手続き方法は、

  • ウェブより住所の変更を行う
  • 加入している保険会社に連絡を入れ対面もしくは郵送での手続き

のどちらかになります。

 

自動車保険の住所変更

自動車保険の引越し手続き

自動車の保険も引越し時には、保険会社への通知義務がある他、支払い通知が届かず更新切れで保険料が支払われないこともあり得ます。

 

つい支払いを忘れもしくは滞り、無保険期間が続くと今までの等級を引き継げず、6等級にまで下がる可能性もあります。

 

また、引越しによって家族構成が変わり、運転者の限定範囲や、転勤によって使用の目的が変わった場合は正確に伝える必要があります。

 

自動車保険の住所変更手続きは、契約者本人限定となっており

  • 保険会社に電話で連絡を入れて対面での手続き
  • 損保会社に直接電話を入れて住所変更手続きをする

つまり、加入している保険会社に連絡するよりも、損保会社に直接連絡した方が手続きが早く終わります。

保険会社だと対面での手続きが必要になり面倒ですが、損保会社なら電話だけで住所変更手続きが行えます。

(自動車保険の場合は、保険会社は損保会社の代理店に過ぎません。)

 

生命保険の住所変更

火災保険の引越し手続き

 

生命保険も住所が変わったら保険会社に連絡を入れる必要があります。

仮に支払いの連絡が取れず、引き落としが出来ず、支払いが遅れて保険料が滞納になれば解約となり肝心な時に保険が下りません。

その他、確定申告に必要な控除証明書も引越し先に届きませんので、迅速に手続きを行いましょう。

生命保険の手続きは、

  • 郵送
  • 対面(face to face)

のどちらかとなり、手続きが厳しくなってきており電話での住所変更は行えません。

また、生命保険の変更時に必要なものは、

  • 保険証券
  • 本人確認書類(運転免許証)
  • 印鑑

その他、マイナンバーカードが必要になる保険会社も増えてきています。

 

まとめ

以上をまとめますと、

  • 火災保険は引越し前に保険会社に引越し先を伝え保険料を再計算してもらう
  • 自動車保険と生命保険は引越し後に出来るだけ早く伝える

ということだけ行っておきましょう。